認定電気工事従事者認定講習

講習のご案内

平成28年度下期講習の概要

「認定電気工事従事者」認定証の交付を受けると、最大電力500kW未満の需要設備(「自家用電気工作物」という)のうち、電圧600V以下で使用する電気工作物の工事(「簡易電気工事」という)に従事することができます。(ただし、電線路に係る工事は除く。):電気工事士法第3条第4項

電気工事技術講習センターが実施する「認定電気工事従事者認定講習」を受講し、その講習修了証等を添えて、住所地を所管する産業保安監督部に認定申請することにより、認定証が交付されます。

1.受講資格
  • (1)第二種電気工事士免状の交付を受けた方
    又は、
  • (2)電気主任技術者免状の交付を受けた方

(注)講習日前日までに免状が交付されていない場合は、この講習を修了し、認定申請をしても認定証は交付されませんので、ご注意ください。

なお、次の方は当講習センターの認定講習を受講しなくても直接産業保安監督部へ申請し、認定電気工事従事者認定証の交付を受けることができます。

  • イ 第一種電気工事士試験合格者
  • ロ 第二種電気工事士免状取得後、電気に関する工事の実務経験が3年以上ある方
  • ハ 電気主任技術者免状取得後、電気工作物の工事、維持もしくは運用に関する実務経験が3年以上ある方
2.講習申込み受付期間

平成28年11月7日(月)~平成28年12月2日(金)

3.お申込み方法(下記(1)~(3)のいずれかの方法)

(1)インターネットによる申込み(11月7日午前9時から申込みできます。)

(2)申込書をダウンロードして郵送での申込み(11月7日からダウンロードできます。)

(3)申込書を郵送により請求する方法(講習センターからの申込書発送は、10月下旬になります。)

4.受講料
受講料
12,500円(税込み)(注)納付された受講料は原則返金致しません。

領収書をご希望の場合は、講習センターまでお問い合わせください。

5.講習地域および講習日程

講習開催地域は、次の12地域になります。講習月は、平成29年3月です。
各地域での詳細日程は、10月中旬に公開します。

都道府県 開催地
北海道 札幌市
宮城県 仙台市
東京都 23区
埼玉県 さいたま市
神奈川県 横浜市
愛知県 名古屋市
石川県 金沢市
大阪府 大阪市
広島県 広島市
香川県 高松市
福岡県 福岡市
沖縄県 那覇市
6.講習科目と講習時間
  • (1)午前10時~午後5時 (講習会場の都合により講習開始時間を変更することがあります。)
  • (2)講習科目と講習時間は次のとおりです。
講習科目 講習時間
第1編 配線器具並びに電気工事用の材料及び工具 1時間30分
第2編 電気工事の施工方法 1時間30分
第3編 自家用電気工作物の検査方法 2時間
第4編 自家用電気工作物の保安に関する法令 1時間